潤いのある肌になろう|スキンケアの工夫で乾燥肌は改善出来る

肌を守る期待と種類

鏡を見ている女性

乾燥肌用の化粧品は潤いが豊富に入っているため、季節ごとに乾燥しがちな人やアンチエイジングに対策をしたい人も使用して人気です。潤い成分のなかでもリピジュアやヒアルロン酸、コラーゲンやセラミドなど多数の成分が存在し、使われています。

» 詳細

肌を乾燥させないために

顔の手入れ

間違った肌のお手入れ

肌をきれいにしたいと考える方もいるでしょう。また、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方なども、間違ったスキンケアをしている場合があります。乾燥肌の原因として考えられるのは、肌をきれいにしたいと考えるため、一生懸命に肌をこすってしまうことです。肌をあまり力を入れてこすってしまうことで、角質層などを傷つけてしまう可能性があり、かえって肌荒れや乾燥肌になってしまう場合があります。また、洗顔などの回数が多い、洗いすぎにも注意です。肌の汚れや余分な皮脂を洗い流すために洗顔をすることはとても大切です。しかし、頻繁に洗顔をしたり長い時間をかけて洗顔してしまうと余分な皮脂だけでなく、肌を保護するための必要最低限の皮脂も洗い流してしまう場合があり、そうすることで肌荒れや乾燥肌の原因になってしまうこともあります。

適度に洗う、こする

スキンケアとして大切なことは、適度に洗うことです。力を入れてこすることで、汚れが落ちてきれいになるようなイメージもありますが、ほどほどに洗い流すことが重要です。また、洗顔などが終った後のタオルで顔を拭く時も同じでこすりすぎないようにしましょう。洗顔後には、化粧水や保湿クリームなどでスキンケアする場合には、自分の肌に合う化粧品でスキンケアしましょう。化粧品ならどれでも同じと適当に選んでしまうと、自分の肌に合わなかった場合には、肌荒れなどの原因にもなってしまいます。せっかく自分の肌をきれいにしようとスキンケアしているのに、手入れをして肌がきたなくなってしまっては意味がありません。きちんと自分の肌に合う化粧品を選ぶのも大切です。

Copyright© 2016 潤いのある肌になろう|スキンケアの工夫で乾燥肌は改善出来る All Rights Reserved.